化学物質に注意

集成材に気を付ける

スプリンクラー

住宅で使われている集成材には、健康に害を及ぼすものがあります。特にシックハウス症候群がそれに当たります。その症候群にかかってしまうと、頭痛や吐き気、めまいなどを引き起こします。この症状が進行すると、様々な化学物質に過敏になる化学物質過敏症や神経障害などを引き起こしてしまいます。このようなシックハウス症候群を防ぐためにも、リフォームを行う必要があるのです。また、この集成材は、環境にも影響を及ぼします。廃材になって燃やした時に、接着剤からダイオキシンを発生します。それを防ぐには、天然無垢材と呼ばれる木材が使用された家を探しましょう。

有害な物質を体に取り込まない

住宅を購入する時に最も気を付けるべきことがあります。それは、買った住宅の中には、シックハウス症候群やアトピー、喘息などを引き起こす材質が使われている場合もあるということです。特に体に有害な化学物質を発生することが多い木材を使用して建てられた家がそれに当たるのです。喘息を持っている方やシックハウス症候群を持っている方などは、家を購入する時や家を借りるときなどは慎重に選ぶ必要があります。有害な物質を避けるためにも、安心して住める家を選ぶことはとても必要になるのです。

温度差を無くそう

安心して住宅に住めるようにするためにも、住宅環境は良くしなくてはいけません。そのためには、様々な季節に最適な家にすることです。特に冬になると家の中はとても寒くなります。家の中が寒いとお年寄りが脳卒中や血圧の変動などを起こす危険性があるため、家の中は温度差をなくさなくてはなりません。快適な温度にするためにも、断熱材や暖房などを使用する必要があります。